社員研修の必要性について

学卒の新人のための社員研修

学校を卒業したばかりの新入社員というのは、まだ社会人としての基礎が何もできていません。つまり、そのままではビジネスの場では通用しません。しかし、それだからこそ何でも吸収して自分のものにしていく柔軟性があるのが、中途採用との大きな違いです。言い換えれば、会社の社風にあわせて好きな絵を描ける真っ白なキャンバスのようなものなのです。だからこそ、社会人としての挨拶の仕方や名刺交換の礼儀作法、ビジネスメールにおけるマナーなどの基本からしっかり教えてあげないといけません。 その代わり、それらを教えることで会社への帰属意識を高めることも可能です。社会人の先輩としての威厳をもって教えることで、学生たちは企業戦士になっていくのです。

管理職に向けての社員研修

社員研修は別に新人のためだけのものではありません。例えば管理職というのはマネジメントスキルが必要とされますが、マネジメントというのは主に技術であり、体系的に学ぶことによって身につけることが可能です。そして、きちんとマネジメントができる管理職が増えることによって組織はより効率的に動くことができるようになります。 つまり管理職に向けての社員研修というのは、個人のスキルを高めるためというよりも、組織をより大きく動かすために必要な研修なのです。それまで個人のスキルを高める事に集中してきた社員が、一歩先を見て組織を動かすことができるようになるには、会社による研修という形でのサポートが大きくものをいうのです。